FC2ブログ

パソラ株式会社 中古釣具買取販売事業部 いのすけのFishing BLOGです。釣行記のみでなく、お店のお買い得情報も! BLOG上だけではなく、お店でもお待ちしております。

モラムZX 1601 IVCB アベイルカスタム

今回は懐かしいモラムZXを渓流仕様に仕立てます。

純正スペック
重さ 205g
ギヤ比 6.3:1
最大糸巻取量 70cm
12lb/100m





アベイルのスプールに0.5mmピンバイスでピンホールを空けます。

詳しくはこちら
アベイル・スプールピンホール加工


これにより糸巻き量が少ない状態でも結び目が邪魔にならないようになります。
必要最低限しか巻かない渓流釣行には絶対的にやったほうがいいチューンですので強くオススメします!



さらにモラムの弱点、ドライブギヤプレートを交換します。
アベイルのHPにも巻き心地にかかわる部品とは書いてあるモノです。
しかしながら、なぜこれが?と疑問にもつ場所でもありました。
少し分解して納得しました。
このプレートとレベルワインダーに繋がるギアとのクリアランスが殆どない。
クラッチのアタリでアルミのプレートが膨らむと確実に当たる。
やはりこれは交換するべきパーツでした。



ブレーキシューもアベイルのもの(写真左)に交換してみました。
先がベークライトになっているタイプなのでオイルを軽く染み込ませて挿入します。
多少ブレーキ力が上がるイメージがあります。


ドラグとハンドルもAvail製に交換して約15gのダイエットに成功しました!



2501Cと比べてみる。
少しだけモラムZX1601のが大きいことが判明。

ラインを巻いてキャストしてみました。
キャスティングウェイトは5g糸巻量はナイロン1.5号を35m。
お店の裏の細い川でサイドキャストで確認。

2ブレーキだとダイヤルMAXで丁度いいぐらいのブレーキ力
ダイヤル10(15〜0)でバックラするかしないかギリギリのところで危険領域。
嫁が投げることを想定してみたら、これはピーキーな部類なのでブレーキ増強確定。

4ブレーキに交換してみた。
ダイヤルMAXだと効きすぎるけど10ぐらいだと丁度いい。
4ブレーキの方がマイルドになり飛距離も差がない。
4ブレーキを採用確定!!

ってことでなんとなくセッティングが決まりました。

私のではありませんが今後楽しみなリールがまた一つ増えました。
プロフィール

TURIGUYA いのすけ

Author:TURIGUYA いのすけ
チャーハン+井上+裕介=いのすけ です。
メインタックル
リール:シマノ
竿:シマノ/ダイコー
ルアー:いろいろ。

好きな釣り:バス釣り/鱒釣り/イカ釣り/シーバス釣り etc

チャーハンの由来:ダウザー俺達さんに食べさせたチャーハンから発展。。。。


現在の閲覧者数:



最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索