パソラ株式会社 中古釣具買取販売事業部 いのすけのFishing BLOGです。釣行記のみでなく、お店のお買い得情報も! BLOG上だけではなく、お店でもお待ちしております。

コムラーズカップ(最終戦)タックル編

今回はタックル編ということで、

前回の記事に記載した。
55up2本を仕留めたタックルを紹介。
ラバージグのタックル
ロッド・シマノ 旧ポイズングロリアス 172H ラッシュバーン
リール・16スコーピオン71XG 左
ライン・シーガーフロロマイスター 16lb
ルアー・ダイワ マルチジグSS14g+ブラッシュホッグ
クランクベイトのタックル
ロッド・シマノ ゾディアス 170M
リール・NEW炎月PG 101PG
ライン・ベーシックFC 14lb
ルアー・TDハイパークランクTi
湯原湖のバスは良く引くし、歯のザラザラが凄いんです。
今期のコムラーズ戦で、毎回だれかが試合中に切られてる。
なので、結束にはすごく気を使います。
ラバージグにはパロマーノットで結び、ハーフヒッチを10回程度します。

これにより結び目が長くなり、根ズレに強くなります。
もちろん、結束強度は限りなく強くなり、デメリットがあまりありません。
ジグ自体も結びが硬くなり姿勢が安定していると思います。
ただ結ぶだけだと、岩盤が多い湯原湖では根ズレでかなり強度が落ちてしまいます。
それでも何度か結び変えるぐらいラインには気を使ってます。
リールはスコーピオン71XGが最高です。

理由は4mレンジまで落としてからの回収の速さ!基本的に投げて落として更にクラッチ切って落としてからの回収なので、巻いて動かす事が殆どないので絶対XGが楽!
対してクランクベイトは基本的に巻いて使うのでリールはPG、1日巻くなら絶対PG!
炎月PG最高です。巻いてて楽!!

そしてキャスティング中にクランクベイトはクルクルと回るのでスナップにローリングサルカンが付いているエギングスナップを多用しています。

キャストが綺麗に決まれば回らないのですが、そんなに毎キャスト毎キャスト綺麗に投げれません。
むしろ、投げる位置は気にしても、キャスト姿勢まで自分はコントロールできないので道具に頼ります。
なので、エギングスナップです。糸よれが嫌いなんです。ヨレはデメリットしかありません。
ジョイントベイトやチャターベイトでも多用します。
特にディープクランクをほぼ一日中投げ倒してると普通のスナップでは確実にヨレヨレになりますが、エギングスナップはあまり気になりません。
それに、スナップ自体が少し長いので根ズレ防止にもなります。
それでも立木にガンガン当てるので結束にハーフヒッチは10回ほどします。

ハーフヒッチは結束の端糸を下側に向けてくれるのでウィードエリアやヘドロがある所でも有効です。
相反する打つ釣りと投げて巻く釣り。
どちらのスタイルも根ズレと、バスの口によるスレをとことん嫌った仕様にしています。
それぐらい湯原には対策して行かないとやられます!
糸を太くしても良いのですが、色々とデメリットがあるので結びを太くするのが個人的お勧めです。
そんな感じな少し偏ったイノスケのタックルでした。
一応、自分では必要だと思っていてそれが普通になっているのですが、どうなんでしょう??笑
まだまだありますが、結果が出た良い機会なので少し公開しておこうかと、、、
いつかハーフヒッチやエギングスナップがスタンダードになるのでしょうか??笑
誰か真似しませんか??笑
余談ですが、
大会前日、スズキ氏が釣ったこのバスも良い魚体。
出ればデカイ。まさに湯原湖。

良いフィールドをより長く、守っていきたいですね!
だからあんまり湯原湖には行かないよーーに!!
行っても釣れませんよ!!笑
今回も5人中2人の釣果ですし、、、
スズキ氏は悔しがって、居残りフィッシングでさらに・・・・・
あ、
でも、もし行くなら漁券はウチの店で!笑
↓↓↓
TURIGUYAウエスト岡山
よろしくお願いします!
年券は1月1日から12月31日までなので来年からがお勧めです。

コムラーズカップ(最終戦) 釣行編

11月12日湯原ダムで今年のラストのコムラーズカップが開催されまし。

今回は結果から言います。
55upを2本、チビを1本釣り、5540gで勝利!!
なんだかんだで神がかった1日となりました。


まず、朝一に行なわれたのが、
ユズル氏のマイボート浸水式。


無事に浮きました!!パチパチパチ!笑

スロープの状態はというと、水位393.6 貯水率63%

前回の時よりも更に多い水位となり、トレーラーも回しずらい状態になっています。
水温は13度ちょい


紅葉が綺麗な湯原湖です。

今回のメンバーはユズル氏、スズキ氏、ハラダさん、ナカハラさんと自分の5人。


7時過ぎにスタート。


それぞれおもいおもいの場所へ

イノスケはというと、エレキで左回りへ粟谷(アワダニ)方向へと進みながら釣りをしていった。
今回は原点回帰!出ればデカイ湯原湖で今年はデカいバスをプラ以外で釣っていない、、、
昔みたいに、なるべくエレキで回りながら巻く釣りと打つ釣りに徹してみようと考えておりました。
風が出たらジャークベイトも有りかという発想もあったのですが、今回は不発ながら、副産物ができました。
攻めるレンジは2mから4m
ルアーはディープクランクベイトとフットボールジグ1/2oz
なるべく岸際にバスの意識が行くようにギリギリに着水させて、4mぐらいまで巻くか落とすイメージ。
クランクベイトは障害物にしっかり当てて、ラバージグはキッチリ跳ね上げる。
そんなプランでエレキスタート。

7時30分頃

岸際を巻いていたらファーストバイトはクランクベイト
35cmぐらいの可愛いバス。
置いてある柄を伸ばしていないネットにネットインさせるように抜き上げた。
この時にネットを準備しなきゃと、準備した。


しばらくして、、、


8時45分

次は打つ釣りにヒット
フットボールを跳ね上げた瞬間、コツッという感じに身体が動いた。
キュンキュン引き込むから違う魚か?!と思いつつ、ゆっくり寄せてきたら中々の魚体。
ネットを向けて寄せて、、、、

ジャンプ!!

その瞬間、ルアーはポロリw

バスはネットに向けて一直線!

ズシンと重い魚体に片手で持ち上がらなかったので慌てて両手で上げて、、、、

しばらくガクブル、、、、

さっきネットを出していなかったらとれてなかった、、、
今日は何か持ってる!
そう思いつつ、他のメンバーの釣果が気になりながら、探りの電話を入れてみる、、、、
誰かが嘘を言っていない限り、皆、釣れていない?!
結局、疑心暗鬼になりながら釣り続行(笑

11時前、粟谷を半周終えて折り返し対岸を釣りながら、
風が出てきて良いゴロタのシャローにジャークベイトを投入。
岩にスタックして引っかかり、シャクリながら浅瀬へ向けて行くと
ルアーが見えるギリギリの所でルアーがポンッと外れて横から凄い勢いでひったくって行ったのは、、、

ニゴイちゃん。
デカいミノーに食ってくるなよ、、、、
ヒットルアーはOSPのルドラ、、、、

ペンチでリリースして、岸際に寄ってしまったのでその先の水面直下を見てみると薄っすら立木が見えた。

なんかあの木釣れそうな気がする。

そう思い、クランクベイトをキャスト。


立木の横を通り過ぎた瞬間、
またしてもテンションが抜けるようなコンっという小さなアタリが、、、、
当然の如く、フッキング。
自動で動く身体にすこし感動しつつ、、、
さっきの二匹目に釣った奴よりも更に凄い引き込みを感じる。
結構締めてたはずのドラグが出る、、、
これもバスじゃないかも??と思いつつも慎重にやりとり、、、
中々のサイズのバスの顔を見て焦る自分、、、

掛かり所が悪い事に気付いてロッドを下げて飛ばさないように慎重にファイトしてネットイン!


ヒットルアーは懐かしのTDハイパークランクTi
掛かり所が悪かったので良くひいたらしい、、、
無事ランディング出来て良かった。


あのニゴイが釣れてなかったら、立ち木に気付かなかったかも?
なんて考えてたら、

今日の神がかった運に感謝した。

もう一本取れればキーパー50を3本!?なんて思ってしまったので、
欲出しすぎか?その後、バスのアタリ全くなし。

おまけ、

駄目押し?で釣れてくれたのはウグイ???
こんな銀ピカのウグイは過去釣った記憶がないぐらいギンギラギンでした。
種類が違う??詳しい方がいらっしゃったら教えて下さい。
ヒットルアーはTDハイパークランクドラッガーというシンキングのクランク
魚探で4〜7mレンジに映る謎魚をドラッギングで直撃。
小さなアタリ。
小さな魚が釣れました。


帰着。

今回は自分とハラダさんが釣ってました。



2100gのナイスバス!

いのすけはというと、







5540g!!完全勝利!!
年間優勝もぶっちぎりで確定!!
色々と神が降りた1日でした。

あの時、ああしなかったら取れていない、、、

なんて事が今でも浮かんできます。

全て噛み合った。
そんな感じでした。

欲を言うと、もう一本50upが欲しかったけど、
贅沢すぎる欲だったですかね??(笑

ルアーやタックルについてはまた後日詳しく書きます。

ランチング後、恒例のゴミ拾い。

ちょっとしたゴミをささっと拾うだけでも気持ち良くなりますね!!

毎回の事ですが、湯原ダムは遊漁券が必要です。
年券でボート有り 12960円 ボート無し 6480円
日券でボート有り 4210円 ボート無し 2590円
ボートの方は紙の漁券はダッシュボードに置いて釣りに出て下さい。
ナイロン製の年券はライジャケに付けるなどして見える位置に付けておいて下さい。
岡山市内で販売はツリグヤウエスト店内でしています。
湯原ダム付近では旅館米屋さんがオススメです。
只今水位が高いので駐車スペースが狭い状況になっています。邪魔にならない駐車をお願いします。
ジェットの方も共同で使っているスロープです。トラブルがあるとスロープが使用禁止になる可能性もありますので、マナーを守ってのご利用をお願いします。

スコーピン70系を分解、解析(炎月、BFS)

かなりマニアックなスコーピン70系の変態記事です。
IMG_7814_convert_20170920230847.jpg

(スティーレSSは左右両方のボディーがスコーピオンと違い、互換が少ないので省きます。)
まず、それぞれのスペックから

スコーピオン70
重量 全モデル共通190g
スプール 重量約15.2g 5000円
ノーマルギア、ハイギア、エクストラハイギア
糸巻き量 12lb 100m(実際は90mぐらい?)
ハンドル長 全モデル共通 42mm
ハンドル重量 20.2g
ブレーキ NEW SVSインフィニティ
ギア素材 ピニオン、ドライブ共に超高強度真鍮(ドラグサウンド無し)
ドラグ素材 カーボンクロスワッシャー(大)
ボディー素材 ハンドル側・樹脂 SVS側・ベアリング部/アルミ 外装/樹脂 本体アルミ
スプール受けベアリングサイズ 左右共に外径10内径3厚み4
定価27000円

スコーピオンBFS
重量 全モデル共通重量165g
スプール 重量8.9g 9000円
ノーマルギア エクストラハイギア
糸巻き量 8lb 45m
ハンドル長 全モデル共通42mm
ハンドル重量 20.2g
ブレーキ FTB
ギア素材 ピニオンギア・超高強度真鍮 ドライブギア・超々ジュラルミン(ドラグサウンド付)
ドラグワッシャー カーボンクロスワッシャー
ボディー素材 ハンドル側・樹脂 FTB側・ベアリング部/アルミ 外装/樹脂 本体アルミ
スプール受けベアリングサイズ 左右共に外径7内径3厚み3
定価35000円

NEW炎月
重量 HG215g・PG210g
スプール 重量16.2g 5000円
ハイギア、パワーギア(マイクロモジュールギア)
糸巻き量 PE1号 200m PE1.5号 150m PE2号 100m ナイロン2.5号 100m ナイロン3号80m (糸巻き量はNewステファーノ参照)
ハンドル長 全モデル共通 51mm
ハンドル重量 32.4g
ブレーキ NEW SVSインフィニティ
ギア素材 ピニオン、ドライブ共にマイクロモジュール超高強度真鍮(ドラグサウンド付)
ドラグ素材 カーボンクロスワッシャー
ボディー素材 ハンドル側・メタル SVS側・ベアリング部/アルミ 外装/樹脂 本体アルミ
スプール受けベアリングサイズ 左右共に外径10内径3厚み4
定価30000円

全てのリール共通だったのは色は違うけどボディーフレームはアルミで同じ(本体に記載してある番号も同じ)
BFSのフレーム重量
IMG_7807_convert_20170920230759.jpg
スコーピオンのフレーム重量
IMG_7806_convert_20170920230718.jpg



炎月とスコーピオンはSVS側のサイドプレートは色違いで共通(色以外で違いがあるなら教えて欲しいレベル)

BFSとスコーピオンのハンドルも色違いで共通

スコーピオンとBFSの同じギア比であればピニオンギアも共通

炎月とBFSはドラグクリックの仕組みやパーツは同じ

炎月とBFSはボディー側のドラグワッシャーも共通

ボディー側のドラグワッシャーはスコーピオンのみ少し大きい。

ハンドル側のドラグワッシャーはギア比が違うと互換なし(一部未確認)

ドラグ締め付け時にバネの役割をするドライブギア座金がスコーピオンには搭載されていないのでドラグの締め付けが少し急な感じになる。

スコーピオン内部構造(ドライブギア座金無し)
IMG_7788_convert_20170920225743.jpg

炎月内部構造(ドライブギア座金有り)
IMG_7789_convert_20170920225813.jpg




確認できたギア互換
炎月ギア→スコーピオン
BFSギア→スコーピオン
BFSギア→炎月
炎月ギア→BFS
面白いことにスコーピオンギアを炎月やBFSに入れることはワンウェイクラッチの位置関係で不可能でした。
画像は右がBFSのもの、ワンウェイクラッチが本体フレーム側に寄っている為スコーピオンギアを搭載できない。
IMG_7816_convert_20170920230911.jpg


BFSと炎月のギア重量

BFS
IMG_7743_convert_20170920225640.jpg

炎月
IMG_7742_convert_20170920224916.jpg

炎月とスコーピオンのギア重量(ドラグユニットごと)
IMG_7793_convert_20170920225836.jpg
IMG_7794_convert_20170920230502.jpg

マイクロモジュールギアと通常のギアの差
IMG_7795_convert_20170920230522.jpg




確認できたスプール互換
炎月スプール→スコーピオン
スコーピオンスプール→炎月
SVSユニットごと炎月スプール→BFS
IMG_7798_convert_20170920230606.jpg

SVSユニットごとスコーピオンスプール→BFS
BFSのユニットごと炎月やスコーピオンに入れようとすると、本体Bカムレバー押サエ板のビスに接触する為不可能。
本体Bカムレバー押サエ板のビスをBFSと同じ皿ねじにすれば可能。
IMG_7796_convert_20170920230542.jpg



ハンドル側のサイドプレートは炎月のみアルミで重いが剛性感あり。
IMG_7922_convert_20170920231124.jpg

BFSとスコーピオンは同じ重量ながら軸受けのベアリングサイズが違うので全く同じではないが重量はほぼ同じ。
IMG_7921_convert_20170920231057.jpg
IMG_7805_convert_20170920230700.jpg



と、まぁ、だいたいのスペックと互換はこんなもんです。


現在、いのすけがしている改造の紹介。
(当然ですが、改造は自己責任でお願いします。)

BFSに炎月のHGギアを搭載。
これにはピニオンギア(1000円)ドライブギア(2000円)ハンドル側ドラグワッシャー(500円)
とドラグ力UPにスコーピオンの本体側ドラグワッシャー(500円)
合計4000円で完成
HGでマイクロモジュールギアの少し重いスコーピオンBFSの完成。
IMG_7744_convert_20170920225701.jpg



スコーピオンXGにBFS XGのギアを搭載。
これにはドライブギア(2000円)とドラグユニットのパーツNo.35〜40(合計1300円)と
スタードラグ座金2枚(200円)
合計3500円で完成(使い込んでいる状態ならピニオンギアの交換も必要)
スコーピオンノーマルギアにも同様にBFSのノーマルギアを搭載。
軽くてドラグ音があるスコーピオンが完成。
fc2blog_20170907175505805.jpg


炎月にはスコーピオンの本体側ドラグワッシャー(500円)を採用。
ドラグ力が少し強い炎月が完成。
ちなみに、すべてのスコーピオン70系リールに言えるのでが、
本体に一箇所ベアリングを追加できます。
クロスギア軸のハンドル側に一箇所(外形7内径4厚み2.5)のベアリングが追加できます。
追加したところであまり差を感じないところなので、耐久性重視で追加はしていません。
IMG_7765_convert_20170920225722.jpg


今回スコーピオン系で不満に感じた所というと、
ハンドル調がすべて同じ。せめて、ギア比別選択をしてほしかった。
そして、ベアリングの個体差が激しい!ということ。
買ってすぐにベアリングのコロを感じる個体が多かった。
だいたいはピニオンギアを支えている2個のベアリングのどちらか、もしくは両方が悪い。
もっと最悪は、炎月に搭載されいた軸受けのベアリングが両方共ダメという新品リールもありました。
最近のシマノは新品状態でもベアリングが悪い状態のリールが多く、個体差が激しい。
TURIGUYAのお客様でも個体差の違いで悩まされている人がいます。
自分みたいに知識がある程度あれば何処が悪いかわかり、すぐバラバラにして改善することはできますが、
だいたいの人はこっちのリールは巻き心地が良いけど、こっちのリールはコロコロするなど、大まかな感じしかわかりません。
特に、マイクロモジュールギアやサイレントチューン(スコーピオンは非搭載)のスプールはベアリングのコロをすごく感じやすい仕様です。
ぜひ改善をお願いしたい!できれば昔のAR-Bに戻していただきたい。
シマノリールは買う前に何個か触って状態の良いリールを買うことをお勧めします。

しかしながら、今回のスコーピオン系は完成度が高い。
あまり使用している人はいないみたいですが、コスパも含め、総評価的に文句なし。
外部調整幅の大きい新型SVSのブレーキの効き具合、Xシップの巻きの強さ。
そして、私の小さい手で持ちやすい丁度いいボディーサイズ。
飛距離も充分。スプール糸巻き量も12lb100mあれば十分。(しかしながら深溝スプールも欲しい)
そして、黒アルマイトされたBFSギアの軽さやFTBブレーキ。
メタルハウジングされた炎月のマイクロモジュールギアのシルキーな感じやPEラインとの相性が良いスプール。
どのシリーズも使用用途次第ですごく使える。

純正状態で欲しいと思うのは、、、
スコーピオンにドラグクリックの採用と深溝スプールの追加
BFSにハイギアの追加
炎月とBFSのドラグ力UP
ぐらいです。
深溝スプール以外はほとんど改造して改良していしまいましたが、、、
純正でできる改造はこんなもんです。
あくまで改造は自己責任でお願いします!!


さらなる改造には、、、、

アベイル社から社外パーツが発売されいます。
スプールも含めドラグノブやメカニカルブレーキキャップなど→スコーピオン70系スプール
アベイル商品はTURIGUYAウエストでも受注できますので欲しい方はぜひ相談してください!!

実はすでに手元にあるのでアベイルスプールのインプレはまた後ほど、マグネットブレーキの場合と、SVS移植した場合を比べたいと思います。

秋エギング

9/6 大潮
瀬戸内海のとある島にエギング調査にいってきました。
今年のイカはどこまで育ってるかな?と、、、

この島に行くと必ず行くポイントで幸先よくゲット

エギング初挑戦のK氏も見えイカと戯れてゲット

その後、理想的な磯場を見つけて、、、、

良型のイカゲット。
釣行後まな板の上に置いて写メ。

自分が持ち帰りしたイカで24杯

太マッキーサイズが最大でした。
満足な1日が過ごせました。
3人でお持ち帰りサイズが50杯越え。
調査には充分すぎる釣果でした。

今回の釣行はすべてベイトタックル。
ロッドはゾディアス172M
リールはスコーピオン71XGに炎月スプールとスコーピオンBFSのギアを搭載した見た目普通でも中身が変なリール。
ドラグ音と軽量ギアに丁度いい糸巻き量のスプールが搭載されたスコーピオン71XGは文句なし!

1投目から外部ダイヤルで調整できる新型SVSスプールとPEラインの相性に驚かされました。
ブレーキ設定は内部シュー4個出しで基本は4ぐらい状況で3~6まで使用。
向かい風になると一応6にして、追い風だと3にして使いました。
糸巻き量は下巻きを少しいれてPEライン1号を150M全部巻き。
普段はしないのですが、あえてスプールいっぱいに巻いてみました。
フルキャストしてもPEがリールに噛み込むこともなく、バックラも皆無。
飛距離も申し分なし。気持ちよく振り抜ける。
根掛かりしても多少しか噛み込むことがなく1日釣りしてノートラブル。
近距離キャストがやりやすく、寄せたイカを狩るならベイトが最強。
予備で摘んでいたスピニングは一切出番なしの1日。
ロッドももう少しティップが柔らかくてもよいが2.5号から3号ディープのエギを使用するなら丁度いい硬さでした。
アルコナイトガイドもPEラインでまったく問題なさそうです。
次回はスコーピオン70系のBFSと炎月と71の比較を記事にしたいと思います。

コムラーズカップ 第3戦

8月27日(日)今年3回目のコムラーズカップが湯原ダムで開催されました。
今回は原田さん、譲氏、自分の3人勝負。



朝一からそれぞれ思い思いの場所へ、、、、
いのすけは彷徨うばかりであまり良い釣りが出来ず終了。
メインはフットボールとミノーを使用。
あとでわかったことですが、自分以外は巨大なバスを掛けていたそうで、、、
湯原ダムはやはり夢があります。
結果です。
デッドフィッシュが出そうということで原田さんは1匹を早めに検量。


600gフィッシュ


880g+600g=3匹合計1480g 優勝!


いのすけは2匹合計 620g

平均水温が26~28度 バックウォーター上流は驚きの18.4度

ハスは狙ってなくてもよく釣れる湯原ダムでした。
プロフィール

TURIGUYA いのすけ

Author:TURIGUYA いのすけ
チャーハン+井上+裕介=いのすけ です。
メインタックル
リール:シマノ
竿:シマノ/ダイコー
ルアー:いろいろ。

好きな釣り:バス釣り/鱒釣り/イカ釣り/シーバス釣り etc

チャーハンの由来:ダウザー俺達さんに食べさせたチャーハンから発展。。。。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード