FC2ブログ

パソラ株式会社 中古釣具買取販売事業部 いのすけのFishing BLOGです。釣行記のみでなく、お店のお買い得情報も! BLOG上だけではなく、お店でもお待ちしております。

減水の湯原ダム釣行 9/6

湯原ダムへ行ってきました。
貯水位386.70とかなりの減水っぷりです。
例年だったら船をおろすのに危険水位なんですが、
今回は地形が変わってくれたりお盆の間減水していて踏み固められたおかげでスタックすることなく無事に降ろせました。
減水時おろすにあたって注意が必要なのはスロープに石垣が見える状態になっています。
その石垣の間に切れ目があり、そこにトレーラーをさすように降ろしていきます。



今回も嫁と一緒です。
久々のバス釣りでテンション上がっていました。
今回はベイトタックル縛りをする!ということを断言していたので
あえてスピニングタックルはお留守番させました。

不安だったエンジンも一発でかかりとりあえず一安心。
かと思いきや

エレキが動かない。

ん???

配線は繋がってる。

ダイヤル回してもエレキ のフットスイッチをカチカチしてもペダルの電源スイッチを入り切りしてもピクリともしない。


????


しばらく悩んで配線が切れてないか確認して
もう一度ペダルの電源スイッチをカチカチしてたら動きました!!
念のためにCRCを吹きかけておきました。

最近まったくなかったトラブルだけにちょっと焦りました。

しばらく使わない時は電源スイッチを入れておくのが良いのでしょうか??



釣りする時間が少ないのにさらに少なくなってしましましたが釣行スタートです。

とりあえずミノーを投げてると釣れる湯原名物のハス
これに濁点をつけた子が釣りたいのに・・・って思うこともほとんどなくなるほど釣れる。

雨が降り出して雨雲レーダーを見ながら雨から逃げるように上流へ上がっていきます。
雨が少し落ち着いて減水時の地形の変化を見ながら釣りして
上流から流されてきたウッドカバーにテキサスリグを投入。

モゾモゾっという違和感がありフッキング!

木に化けた??っていうぐらい動かなくなったがテンションを張りながら我慢してたら

グググっという力強い暴れっぷりから浮いてきたのは明らかに50アップ

ネットを出してないので船上でバタバタしながらハンドランディング。



2.4kg 56cm 久々に良いバス釣りました。

ヒットルアーはズーム デッドリンガーの14gテキサス
ロッド・旧グロリアス 172Hラッシュバーン
リール・スコーピオン71XG ドラグ音チューン
ライン・フロロマイスター 16lb

そして、気づけば帰る予定の14時が経過
嫁がバックラッシュ地獄から少し投げれるようになり始めた頃に終了となりました。
色々あって2時間半ほどしか釣りができなかったですがそれなりに楽しい1日でした。

ちなみに湯原ダムでは2等の遊漁券が必要です。
ボートを出す際はボートを出す為の券も必要になります。
岡山市内では当店TURIGUYAウエスト岡山で販売しております。また、湯原インター付近では米屋という旅館でも販売しています。(米屋さんで買われる場合は一度電話連絡しておくとスムーズに買えると思います。)
漁券の金額は
日券・ボート有り4210円 ボートなし2590円
年券・ボート有り12960円 ボートなし6480円
(2018年現在の価格です。)
必要になりますので必ずお買い求め下さい。
ボートの券はボート所有者(運転者)のみで大丈夫です。
券を買われる際にお名前・住所・年齢が必要になります。(日券の場合は釣りに出られる日の日付も必要になります。)
当たり前ですがルール・マナーを守って楽しい釣りをしてください。

2018年度 湯原・旭川中央水系渓流釣りまとめ

今年も渓流釣りのシーズンが終わっていまいました。

なので今年のまとめを書き綴りたいと思います。
今年の解禁は旭川中央水系からスタートしました。


4月2日 M川・Y川


今年は湯原の放流と比べて旭川中央水系の方がサイズが良かったという情報が入ったため、旭川中央水系へ。
チャラ瀬を歩きながら投げてるとどっからともなく出てくる放流初期。
それなりに楽しめました。


5月17日
S川 Jr.氏にガイドしていただきました。


けっこう良いサイズがちらほら見えました。


5月22日 湯原水系 嫁、渓流デビューの日
一応スピニングタックルとベイトタックルを両方持っていったのですが、あえてベイトタックルを選ぶ嫁。
苦戦しつつ頑張ってバックラを直してました。(笑)
使用タックルはメジャクラ トラウティーノストリームエディション TTS-B502L


小さい魚が引っかかったりバラしたり、魚に遊ばれてる感じが否めない釣りなりました。


5月25日
トライアングル TU-01着弾



5月28日
TU-01 実釣

とにかく手返しがよいスピンキャスト。
軽いものも重いものもベイトキャスティング以上の手返しの良さを実感。
竿が鱒レンジャーではいまいちしっくりこない。


6月27日
バリバス ワークスリミテッド ジェットストリームヤマメ 実釣

やはり竿が良いとキャストがバシバシ決まります。
そしてついに嫁、初アマゴゲット

良い笑顔をいただきました。
帰りの車で異臭騒ぎがおきたためモンベルショップへゲーターを買いに。
このあたりからさらに火がついたように渓流釣行へ


7月2日 ゲーターを調達して靴も新調。


歩いた水域がいまいちで良い釣果には恵まれなかったのが残念だったが異臭騒ぎはおきなかった。(笑


その後、7月7・8日と西日本豪雨発生。
いたるところで土砂崩れや通行止め。
渓流の魚はどうなってるの??
ってことで豪雨から約20日たって通行止めが若干解消されたので


7月26日

渓流の魚はさらにたくましくなっていました。
この他にもバイトは多数あり安心しました。


8月2日

嫁ロッド変更 トラウティーノTTS-B502LからファインテールFSX-B4102ULへと変更
曲がる投げやすいロッドへと変更しました。
それが功をそうしたか、良いところへ投げれて良型アマゴゲット

27cmの良いサイズでした。


そして、モンベルゲーターのずり落ち防止でとても良い商品を発見しました。
ダイソーの自転車用グッズの裾用に使うワンタッチバンドという商品が最強です。
マジックテープで簡単着脱。ゴムもついてして伸縮性もあるのでぜひ試してもらいたい一品です。


8月22日
アベイルさんからいろいろ新商品がでているので全部のせたらどうなるの?ってことで
頑張ってみました。
軽量アブ完成 ライン巻いてもアンダー220g!



ちなみにブレーキは純正の遠心ブレーキです。
ついでにメインギヤブッシングとフレームの間にベアリングを一個追加してみています。(重量増ですが、、、)
ベアリングがもたらす効果は巻き上げの時に剛性感があがります。


Hさんのお父さんお手製ネット&ロッドホルダー
嫁用ネットホルダーをオーダーして嫁様に作っていただきました。

ブラック カッコ良いです。
ちなみに、TURIGUYAウエストの店頭にも委託販売していただいています。


8月23日
相変わらず嫁と一緒で湯原水系です。


アキスコのウェーティングスタッフを購入して実践導入。
伸ばす動作がとにかく楽!
この日は掴み取りが行われた場所を歩くもスカをくらう残念な釣行でした。


8月25日
今年のシーズンもあとわずか。
アキスコのウェーティングスタッフをさらに使いやすくするためにマグネットで着脱できる様にしました。
伸ばしていてもすごく快適に釣りができるようになりました。


嫁、尺サイズをバラしで悔しそうな日でした。


8月28日
2018シーズンラストの釣行。

ワークスの竿で釣りたかったラストの1日。


最後の最後に岩魚が生息する源流域付近へ。
本当はもう一つ下のアマゴ域で一箇所遡上するつもりだったのですが、
地形が変わっていて水辺に降りれずスルー。
なのでいきなり源流域へ。
ついてすぐに嫁がヒット
岩魚が釣れた?と思ったらアマゴでした。
金ピカな綺麗なアマゴでした。
そっから上は渇水でイマイチ。
源流域は上がり出したらしばらくは抜け出すことができない。
がんばってみましたがダメでした。

その後下流へ
良いサイズがかかったものの空中でポロリ。
残念ながらこれで釣り終了。

来シーズンにさらに育ってくれていることでしょう。
これで今年のアマゴ釣行は終わりになりました。

嫁が頑張った今シーズン、来年はさらに成長してくれるはず。
自分は人に教える難しさを実感しました。




我が家のマイブーム?
アマゴの揚げ焼きです。
3枚におろして、クレイジーソルトをふって、片栗粉をつけて
オリーブオイルで揚げ焼きにすると、、、
パリパリしててめっちゃ美味い揚げ焼きが完成。
小さいアマゴは骨までイケます。

渓流釣行は簡単ではありませんが、すべてが一期一会で貴重な体験です。いろんな楽しさがあります。
安易に考えて良い加減な装備では大変危険なのでクロックスだけとかふざけた格好で遡上するのはやめてください。
下手をしたら死にます。熊とかに出会う以前の話になりますので気をつけてください。もちろん漁券も買ってください。
ルールを守って楽しい釣りをお願いします。


これから先は渓流に関係なく、当たり前のことを書きます。
駐車場所のマナーやゴミを出さないことは絶対的なマナーです。
漁券も絶対買ってください。それが守れなければ釣りをする資格はありません。
ましてや、地元の人に喧嘩を売るなどわけのわからないことはしないでください。
現在、釣り人はマナーが良いイメージがあると思いますか?
基本的に良いイメージが浮かばないのは私だけでしょうか??
釣り人が気持ち良い釣りができるようがんばりませんか??
マナーの良い釣り人も悪い釣り人も釣りをしない人からすると一括りに釣り人です。
釣り人会からマナーの悪い釣り人を消すのも難しい。消えて欲しいけど、、、
そうなるとマナーの良い釣り人がさらに良い釣り人になるしかない様な気がします。
もちろん次の世代に残すため、
釣りは楽しいものその楽しさを教える人にもマナーという重圧をしっかり教えてもらいたい。
マナーの良い釣り人がさらに良くなる様、がんばりましょう。よろしくお願いします。

7月22日 湯原ダム釣行

記事の更新が大変遅くなり申し訳ありません。
空白の1ヶ月分これからぼちぼち更新します。
7月22日(日曜日)
この日はお客さんのKさんと一緒の釣行でした。
Kさんのボックスはほぼシャロー攻め用ルアーのみ、
クランクベイトもシャロークランクしか入っていない、
嫌な予感がするもののこの日の狙いは強制的にシャロー狙いに決定。
しかしこの日は災害からの雨で湯原ダムは大増水
ほぼフル満水状態でした。
この時で2週週間ほど経ったあとではありましたが、
未だにちらほらと災害の爪痕が残っていました。
とりあえずシャローを流す。
すると早い段階でKさんにヒット。

ヒットルアーはO.S.Pのベントミノー

目の前までおっかけてくれてそのままヒット。
このルアーはKさんが湯原ダムに行くにあたり、Kさんの奥さんが選んでくれたものでKさんもニコニコ。
良いバスが釣れて良かったです。
その後ずっとシャローを流していたのですが、全く無反応。
残念ながら昼までで釣り終了。
Kさんお疲れさまでした。
次回はもっと条件の良い時に行きましょう!
沈むルアーもお忘れなく!

渓流釣行 バリバスワークス 渓流ロッド使用

6月27日 湯原水系へ嫁と二人で行ってきました。
水温は19度 ゲーターで浸かりながら釣りをするのに気持ち良い水温になってきました。
今回はモーリスグラファイトワークス TRD-501FS(ジェットストリームヤマメ)が到着してから釣りになかなか行けなかったので久々釣行でNewロッドの竿おろしです。
んで、新品ロッドの儀式。

フィルムをピリピリと剥がします。

合わせたリールはトライアングル TU-01

この竿が来るのがわかっていたからTU-01を購入したと言っても過言ではありません。
渓流の釣りはベイトリールに慣れてしまったのでスピニングのベールを返す作業が煩わしく、
思いついたのはスピンキャストリール。と、いうことです。
TU-01での釣りはベイト以上に手返しが良く、なおかつトラブルがありません。
少し重たいのとスプールがオシュレートしないので糸巻き量によっては内部で引っかかります。
前回は鱒レンジャーで釣りしていたのでキャスト精度がイマイチでしたが、今回の竿はワークスのジェットスリームヤマメ。
とにかくビシバシキャストが決まります。

うちの嫁は久々釣行&3回目のベイトリール使用でまずはキャスト練習から

サミング忘れてバックラッシュ。
バックラを自分で直すのも上手になってきました。


しばらく釣りしてて気づきました。
綺麗な水を好む生物がこの画像の中にいます。

画像真ん中あたりに赤い点が、、、


ルアーを目の前に落とすと果敢にバイトしてくる高活性沢蟹をゲットしました!

歩いてると結構いるもんですね。何匹みたかわかりません。



キャスト練習が終わって本命ポイント目前でルアーが消失。
スナップが開いて気づいたらルアーがポロリしていました。

マグネットで拾いました。
いつの間にか嫁に激写されていた、、、、笑

マグネットは必ず持参していた方が良いです。
手前で落としてもけっこう深いのが渓流です。
ルアーが落ちたとこは自分の胸ぐらいまで水深がありました。

本命ポイントを遡上していく最中。

ようやく1匹釣れました!


小ぶりながら綺麗なアマゴ

さらにもう1匹。

少しサイズアップしました。
ヒットルアーはメガバス グレートハンティングミノー50FS

そして、、

ようやく、、、、

渓流3回目の嫁が!!!!

ナイスサイズのアマゴをゲットしてこの笑顔!


この釣行一番のサイズです。
綺麗なアマゴ。
念願の1匹をゲットできて本当に良かった!!!
嫁がベイトリールで初めて釣った魚は渓流のアマゴ。
なかなか凄いことですね。笑

ヒットルアーはアイマ スカリ
リールはスコーピオン71HGにアベイルスプール&ハンドルでイノスケがチューンしたリール
恩田くんいつもありがとう!!
ロッドはトラウティーノ ストリーム TTS-B502L


ちなみに渓流釣りは釣れそうなポイントを打ってみても、、、、


全くノーヒット ノーチェイスだったりすることもあります。

最後に下流を少し釣りしてみたら

ダメ押しの1匹がでました。
作成中の手作りロッドのでの1匹。

4時間ほどの短い時間ながら魚の反応はそこそこ。
釣果情報とかまったくなかったし雨も多かったのでチャンスかな?と思い行ってみました。
大きいアマゴはでなかったものの水に浸かりながら楽しい釣りができました。
渓流釣りは良い運動にもなりますし、自然の中で遊ぶと気分が良い。
何度行っても飽きない釣りです。

NewロッドのTRD-501FSのインプレですが、
フルグラスロッドとは思えない軽さとキャスタビリティーで渓流の魚に負けない粘りがあります。
前回の鱒レンジャー釣行ではティップがブレてキャストが決まらないフラストレーションがありましたが、今回は全くない。むしろ良い感じにキャストが決まる。柔らかい竿はルアーが動かしずらいものですが、むしろルアーがよく動く。
いろんな矛盾が解消される竿でした。デザインだけでなく性能も抜群です。本当に買って良かったと思う竿でした。

2501cにジュラルミンギアを入れてみた。

アベイルから新たに発売された超々ジュラルミン製ハイスピードギヤを手持ちの2501cに入れてみました。


ギア重量の実測。

ジュラルミンギア 4.63g



アベイル製ハイスピードギア 13.31g



ギアを入れる前の重量 232.0g
ちなみにこれでも色々交換して軽くはなっている。
バレーヒル製 レベルライン
アベイル製 2520スプール、レベルワインダー、コグホイール、真鍮ハイスピードギア、ドラグノブ、カーボンドラグワッシャー、メカニカルブレーキ、70mmSトラッドハンドル、ピニオンブッシングBB
などなどをIOSギアグリスとオイルで組み上げている。

さらにジュラルミンギアを入れてみたら、

223.2g!!
230gの壁を切りました。
なかなか釣りに行けないのでリールいじりのネタでした。

アベイルさん言わく、まだまだ軽量化できる試作品があるとのこと、、、
気になりますね!!!
そのうち200g切りそうな予感、、、
ちなみに、巻き心地はジュラルミンギアより真鍮ギアの方が個人的にはアタリが柔らかいので好きですので、ボディーなどが軽くなったら戻すかも?!しかしながら、アベイルのアブの2500番台の進化は止まりません。色々楽しみです。
できればアブからの復刻を希望!!!
プロフィール

TURIGUYA いのすけ

Author:TURIGUYA いのすけ
チャーハン+井上+裕介=いのすけ です。
メインタックル
リール:シマノ
竿:シマノ/ダイコー
ルアー:いろいろ。

好きな釣り:バス釣り/鱒釣り/イカ釣り/シーバス釣り etc

チャーハンの由来:ダウザー俺達さんに食べさせたチャーハンから発展。。。。


現在の閲覧者数:



最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索