パソラ株式会社 中古釣具買取販売事業部 いのすけのFishing BLOGです。釣行記のみでなく、お店のお買い得情報も! BLOG上だけではなく、お店でもお待ちしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコーピン70系を分解、解析(炎月、BFS)

かなりマニアックなスコーピン70系の変態記事です。
IMG_7814_convert_20170920230847.jpg

(スティーレSSは左右両方のボディーがスコーピオンと違い、互換が少ないので省きます。)
まず、それぞれのスペックから

スコーピオン70
重量 全モデル共通190g
スプール 重量約15.2g 5000円
ノーマルギア、ハイギア、エクストラハイギア
糸巻き量 12lb 100m(実際は90mぐらい?)
ハンドル長 全モデル共通 42mm
ハンドル重量 20.2g
ブレーキ NEW SVSインフィニティ
ギア素材 ピニオン、ドライブ共に超高強度真鍮(ドラグサウンド無し)
ドラグ素材 カーボンクロスワッシャー(大)
ボディー素材 ハンドル側・樹脂 SVS側・ベアリング部/アルミ 外装/樹脂 本体アルミ
スプール受けベアリングサイズ 左右共に外径10内径3厚み4
定価27000円

スコーピオンBFS
重量 全モデル共通重量165g
スプール 重量8.9g 9000円
ノーマルギア エクストラハイギア
糸巻き量 8lb 45m
ハンドル長 全モデル共通42mm
ハンドル重量 20.2g
ブレーキ FTB
ギア素材 ピニオンギア・超高強度真鍮 ドライブギア・超々ジュラルミン(ドラグサウンド付)
ドラグワッシャー カーボンクロスワッシャー
ボディー素材 ハンドル側・樹脂 FTB側・ベアリング部/アルミ 外装/樹脂 本体アルミ
スプール受けベアリングサイズ 左右共に外径7内径3厚み3
定価35000円

NEW炎月
重量 HG215g・PG210g
スプール 重量16.2g 5000円
ハイギア、パワーギア(マイクロモジュールギア)
糸巻き量 PE1号 200m PE1.5号 150m PE2号 100m ナイロン2.5号 100m ナイロン3号80m (糸巻き量はNewステファーノ参照)
ハンドル長 全モデル共通 51mm
ハンドル重量 32.4g
ブレーキ NEW SVSインフィニティ
ギア素材 ピニオン、ドライブ共にマイクロモジュール超高強度真鍮(ドラグサウンド付)
ドラグ素材 カーボンクロスワッシャー
ボディー素材 ハンドル側・メタル SVS側・ベアリング部/アルミ 外装/樹脂 本体アルミ
スプール受けベアリングサイズ 左右共に外径10内径3厚み4
定価30000円

全てのリール共通だったのは色は違うけどボディーフレームはアルミで同じ(本体に記載してある番号も同じ)
BFSのフレーム重量
IMG_7807_convert_20170920230759.jpg
スコーピオンのフレーム重量
IMG_7806_convert_20170920230718.jpg



炎月とスコーピオンはSVS側のサイドプレートは色違いで共通(色以外で違いがあるなら教えて欲しいレベル)

BFSとスコーピオンのハンドルも色違いで共通

スコーピオンとBFSの同じギア比であればピニオンギアも共通

炎月とBFSはドラグクリックの仕組みやパーツは同じ

炎月とBFSはボディー側のドラグワッシャーも共通

ボディー側のドラグワッシャーはスコーピオンのみ少し大きい。

ハンドル側のドラグワッシャーはギア比が違うと互換なし(一部未確認)

ドラグ締め付け時にバネの役割をするドライブギア座金がスコーピオンには搭載されていないのでドラグの締め付けが少し急な感じになる。

スコーピオン内部構造(ドライブギア座金無し)
IMG_7788_convert_20170920225743.jpg

炎月内部構造(ドライブギア座金有り)
IMG_7789_convert_20170920225813.jpg




確認できたギア互換
炎月ギア→スコーピオン
BFSギア→スコーピオン
BFSギア→炎月
炎月ギア→BFS
面白いことにスコーピオンギアを炎月やBFSに入れることはワンウェイクラッチの位置関係で不可能でした。
画像は右がBFSのもの、ワンウェイクラッチが本体フレーム側に寄っている為スコーピオンギアを搭載できない。
IMG_7816_convert_20170920230911.jpg


BFSと炎月のギア重量

BFS
IMG_7743_convert_20170920225640.jpg

炎月
IMG_7742_convert_20170920224916.jpg

炎月とスコーピオンのギア重量(ドラグユニットごと)
IMG_7793_convert_20170920225836.jpg
IMG_7794_convert_20170920230502.jpg

マイクロモジュールギアと通常のギアの差
IMG_7795_convert_20170920230522.jpg




確認できたスプール互換
炎月スプール→スコーピオン
スコーピオンスプール→炎月
SVSユニットごと炎月スプール→BFS
IMG_7798_convert_20170920230606.jpg

SVSユニットごとスコーピオンスプール→BFS
BFSのユニットごと炎月やスコーピオンに入れようとすると、本体Bカムレバー押サエ板のビスに接触する為不可能。
本体Bカムレバー押サエ板のビスをBFSと同じ皿ねじにすれば可能。
IMG_7796_convert_20170920230542.jpg



ハンドル側のサイドプレートは炎月のみアルミで重いが剛性感あり。
IMG_7922_convert_20170920231124.jpg

BFSとスコーピオンは同じ重量ながら軸受けのベアリングサイズが違うので全く同じではないが重量はほぼ同じ。
IMG_7921_convert_20170920231057.jpg
IMG_7805_convert_20170920230700.jpg



と、まぁ、だいたいのスペックと互換はこんなもんです。


現在、いのすけがしている改造の紹介。
(当然ですが、改造は自己責任でお願いします。)

BFSに炎月のHGギアを搭載。
これにはピニオンギア(1000円)ドライブギア(2000円)ハンドル側ドラグワッシャー(500円)
とドラグ力UPにスコーピオンの本体側ドラグワッシャー(500円)
合計4000円で完成
HGでマイクロモジュールギアの少し重いスコーピオンBFSの完成。
IMG_7744_convert_20170920225701.jpg



スコーピオンXGにBFS XGのギアを搭載。
これにはドライブギア(2000円)とドラグユニットのパーツNo.35〜40(合計1300円)と
スタードラグ座金2枚(200円)
合計3500円で完成(使い込んでいる状態ならピニオンギアの交換も必要)
スコーピオンノーマルギアにも同様にBFSのノーマルギアを搭載。
軽くてドラグ音があるスコーピオンが完成。
fc2blog_20170907175505805.jpg


炎月にはスコーピオンの本体側ドラグワッシャー(500円)を採用。
ドラグ力が少し強い炎月が完成。
ちなみに、すべてのスコーピオン70系リールに言えるのでが、
本体に一箇所ベアリングを追加できます。
クロスギア軸のハンドル側に一箇所(外形7内径4厚み2.5)のベアリングが追加できます。
追加したところであまり差を感じないところなので、耐久性重視で追加はしていません。
IMG_7765_convert_20170920225722.jpg


今回スコーピオン系で不満に感じた所というと、
ハンドル調がすべて同じ。せめて、ギア比別選択をしてほしかった。
そして、ベアリングの個体差が激しい!ということ。
買ってすぐにベアリングのコロを感じる個体が多かった。
だいたいはピニオンギアを支えている2個のベアリングのどちらか、もしくは両方が悪い。
もっと最悪は、炎月に搭載されいた軸受けのベアリングが両方共ダメという新品リールもありました。
最近のシマノは新品状態でもベアリングが悪い状態のリールが多く、個体差が激しい。
TURIGUYAのお客様でも個体差の違いで悩まされている人がいます。
自分みたいに知識がある程度あれば何処が悪いかわかり、すぐバラバラにして改善することはできますが、
だいたいの人はこっちのリールは巻き心地が良いけど、こっちのリールはコロコロするなど、大まかな感じしかわかりません。
特に、マイクロモジュールギアやサイレントチューン(スコーピオンは非搭載)のスプールはベアリングのコロをすごく感じやすい仕様です。
ぜひ改善をお願いしたい!できれば昔のAR-Bに戻していただきたい。
シマノリールは買う前に何個か触って状態の良いリールを買うことをお勧めします。

しかしながら、今回のスコーピオン系は完成度が高い。
あまり使用している人はいないみたいですが、コスパも含め、総評価的に文句なし。
外部調整幅の大きい新型SVSのブレーキの効き具合、Xシップの巻きの強さ。
そして、私の小さい手で持ちやすい丁度いいボディーサイズ。
飛距離も充分。スプール糸巻き量も12lb100mあれば十分。(しかしながら深溝スプールも欲しい)
そして、黒アルマイトされたBFSギアの軽さやFTBブレーキ。
メタルハウジングされた炎月のマイクロモジュールギアのシルキーな感じやPEラインとの相性が良いスプール。
どのシリーズも使用用途次第ですごく使える。

純正状態で欲しいと思うのは、、、
スコーピオンにドラグクリックの採用と深溝スプールの追加
BFSにハイギアの追加
炎月とBFSのドラグ力UP
ぐらいです。
深溝スプール以外はほとんど改造して改良していしまいましたが、、、
純正でできる改造はこんなもんです。
あくまで改造は自己責任でお願いします!!


さらなる改造には、、、、

アベイル社から社外パーツが発売されいます。
スプールも含めドラグノブやメカニカルブレーキキャップなど→スコーピオン70系スプール
アベイル商品はTURIGUYAウエストでも受注できますので欲しい方はぜひ相談してください!!

実はすでに手元にあるのでアベイルスプールのインプレはまた後ほど、マグネットブレーキの場合と、SVS移植した場合を比べたいと思います。
スポンサーサイト

秋エギング

9/6 大潮
瀬戸内海のとある島にエギング調査にいってきました。
今年のイカはどこまで育ってるかな?と、、、

この島に行くと必ず行くポイントで幸先よくゲット

エギング初挑戦のK氏も見えイカと戯れてゲット

その後、理想的な磯場を見つけて、、、、

良型のイカゲット。
釣行後まな板の上に置いて写メ。

自分が持ち帰りしたイカで24杯

太マッキーサイズが最大でした。
満足な1日が過ごせました。
3人でお持ち帰りサイズが50杯越え。
調査には充分すぎる釣果でした。

今回の釣行はすべてベイトタックル。
ロッドはゾディアス172M
リールはスコーピオン71XGに炎月スプールとスコーピオンBFSのギアを搭載した見た目普通でも中身が変なリール。
ドラグ音と軽量ギアに丁度いい糸巻き量のスプールが搭載されたスコーピオン71XGは文句なし!

1投目から外部ダイヤルで調整できる新型SVSスプールとPEラインの相性に驚かされました。
ブレーキ設定は内部シュー4個出しで基本は4ぐらい状況で3~6まで使用。
向かい風になると一応6にして、追い風だと3にして使いました。
糸巻き量は下巻きを少しいれてPEライン1号を150M全部巻き。
普段はしないのですが、あえてスプールいっぱいに巻いてみました。
フルキャストしてもPEがリールに噛み込むこともなく、バックラも皆無。
飛距離も申し分なし。気持ちよく振り抜ける。
根掛かりしても多少しか噛み込むことがなく1日釣りしてノートラブル。
近距離キャストがやりやすく、寄せたイカを狩るならベイトが最強。
予備で摘んでいたスピニングは一切出番なしの1日。
ロッドももう少しティップが柔らかくてもよいが2.5号から3号ディープのエギを使用するなら丁度いい硬さでした。
アルコナイトガイドもPEラインでまったく問題なさそうです。
次回はスコーピオン70系のBFSと炎月と71の比較を記事にしたいと思います。

コムラーズカップ 第3戦

8月27日(日)今年3回目のコムラーズカップが湯原ダムで開催されました。
今回は原田さん、譲氏、自分の3人勝負。



朝一からそれぞれ思い思いの場所へ、、、、
いのすけは彷徨うばかりであまり良い釣りが出来ず終了。
メインはフットボールとミノーを使用。
あとでわかったことですが、自分以外は巨大なバスを掛けていたそうで、、、
湯原ダムはやはり夢があります。
結果です。
デッドフィッシュが出そうということで原田さんは1匹を早めに検量。


600gフィッシュ


880g+600g=3匹合計1480g 優勝!


いのすけは2匹合計 620g

平均水温が26~28度 バックウォーター上流は驚きの18.4度

ハスは狙ってなくてもよく釣れる湯原ダムでした。

コムラーズカップ 第2戦

コムラーズカップ第二戦 今年は全戦湯原ダムの予定です。
水温25度前後 雨が降ったり止んだりの天気。





今回はいつものツッチーさん、中原さん、原田さん、讓氏、に加え、
コムラーズ仮メン中の鈴木氏も参加。



今回投げたルアー達。

基本的にはアフターなバス達で、巻いてたら釣れるイージーな展開にはなかなかならなかった。
メインで使用したのはジャークベイト(パーフェクト10ログ)
小型バス達が大型ジャークベイトに食ってくる。
そんなフィールドの湯原ダムでした。
帰着直後に気づいたシャローフラットの障害物に大型バスが差してくる展開はスイムベイトで見事にバラし。
ドラマが起きるかと思いきや、実現することもなく終了。




チームの今回の釣果





ツッチーさん970g






いのすけ 980g






中原さん 1910g






仮メンバー鈴木氏 2120g 
優勝!




ゴミ拾いをして終了となりました。
相変わらずゴミが多いのが現状。
スロープ使用が認められている数少ない場所。
護って行きましょう。
よろしくお願いします。

スロープですが、2017年7月23日(日曜)はトライアスロンが開催される為
使用不可能となります。
ダム付近の通行規制もあるみたいなのであまり近づかないのが良いかと思います。
ご協力よろしくお願いします。

2017年コムラーズカップ第1戦

いのすけですお久しぶりです。
今年もチームコムラーズは活動しております。
2017年5月21日 湯原ダムにコムラーズの仲間たちが集合しました。
今回のメンバーはイノスケ、ツッチーさん、中原さん、譲氏の4人


今回は中原さんと自分は二人乗船で3艇の出船です。
いのすけのプチバナナ号はエンジントラブルで出船不可能。
中原艇での勝負です。


ツッチーさんは相変わらずで、、、、、、
この時は去年の初戦、58cmのナイスバスを釣り上げた実績が頭によぎり、釣ってくるんだろうな、、、
と、思っておりました。

譲氏も去年の初戦からコムラーズに仲間入りしてボートの釣りに少しは慣れたのだろうか、、、
一匹目、、、
今回は釣れるのか?!

左足を去年の暮れに複雑骨折した中原さん、
溜まりに溜まった鬱憤を晴らせるのか?!
ロクマルが釣れる気がする!!って言ってました。
釣れる気がする!!!

譲氏!この時はまだ釣っていない。ご安全に!!

ロクマル!????めっちゃ嬉しそうな中原氏!
その後巻いてたら釣れたこの子でいのすけは終了でした。


220g!キーパーあって嬉しかったです!笑
中原さんは、、、、


290g!!!
ツッチーさんは流石のキロフィッシュ


1,150g!!!!
譲氏のファーストフィッシュ!
雄叫びを間近で見てしまった。




1.650g 49cm
コムラーズ戦ファーストフィッシュにして初優勝!
なんだか皆んなハッピーな気分で帰路につきました。
もちろんゴミ拾いもして帰りましたよ!



ゴールデンウィークもあったせいかあっという間に4袋出来上がりました。
ゴミは捨てないように!!
ゴミ捨てる人はロクマルが釣れませんよ!!
いっぱいゴミ拾いするとロクマルが釣れるって琵琶湖ガイドの人が言ってました。
ロクマルが釣れない人はゴミ拾いの量が足りないんです!
いっぱい拾えばいつかロクマル!!
頑張りましょう!!!笑
それと湯原ダムのスロープを使う人に報告です。

スロープの斜面の下の方にある右側の大きな木にスズメバチが密をすすりに来ていました。
近くに巣があるかもしれませんんし結構危険なのであまり木に近づかない方が良いです。
それと、スロープ付近はブヨが多いので生肌を見せてると刺される事が多いです。
トレンカなどの着用をお勧めします。
そしてちゃんと漁券も買ってください。
年券の人は紙の漁券と船舶シールはダッシュボードに置いて釣りをしてください。
ナイロン製赤色の漁券はライジャケや服に付けるように!
日券の人は紙の漁券をダッシュボードに置いて出廷してください。
湯原ダム付近では湯原の宿米屋
岡山市内ではうちの店 TURIGUYAウエスト
で買えます。
これからジェットスキーのお客さんも増えて来ます。
漁協の方とお話しもしたのですが、ジェットスキーの方と釣り人のトラブルがあった場合、スロープ閉鎖も考慮しているそうです。どちらか一方が利用可能となることはないようです。
事故やトラブルがないように気をつけてください。
釣り終えて疲れてても、スロープが使えない状態でも、話をしてスロープを開けてもらって下さい。
ジェットの人とトラブルあってのスロープ閉鎖が一番怖いです。
なかなかバス釣りができる環境が少なくなってるご時世、これ以上釣り場が減るのは避けたい所です。
皆さんで守って行きましょう。
よろしくお願いします!!
プロフィール

TURIGUYA いのすけ

Author:TURIGUYA いのすけ
チャーハン+井上+裕介=いのすけ です。
メインタックル
リール:シマノ
竿:シマノ/ダイコー
ルアー:いろいろ。

好きな釣り:バス釣り/鱒釣り/イカ釣り/シーバス釣り etc

チャーハンの由来:ダウザー俺達さんに食べさせたチャーハンから発展。。。。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。